はこだてIKA主催 第1回プログラミングコンテスト ~IKAからの挑戦状~

大会概要


[主 催] はこだてIKA

[日 時] 2013年06月15日(土曜日)
       09:00   開場
       09:30   開始
       17:00   表彰式、懇親会

[会 場] 函館市 青年センター 体育館
       〒040-0013
       函館市千代台町27番5号
       TEL:0138-51-3390

[参加について]
参加費用無料
1チーム最大3名まで(1名からのエントリー可)
チーム単位での事前申し込み必須 ※ 受付は終了しました。
プログラミング用のノートPCを持参すること
昼食につきましても、各自用意してください

[採 点]
当日、会場で発表される、複数の問題の解を求めるプログラムを作成して頂きます。
それぞれの問題には難易度に応じて獲得ポイントが決められています。
最終的に獲得できたポイントにより順位を決定します。
詳しくはレギュレーションの項を参照してください。
また、協賛各社の個別賞については、大会実行委員が決定します。

協賛企業


・ 株式会社エスイーシー
   情報処理事業、情報通信事業

・ 株式会社フレアコンサルティング
   人材育成、教育・キャリアコンサルティング

・ 有限会社カネ真小野建設土木
   一般住宅建築施工、各種土木工事施工

・ 有限会社ディアーズ
   居宅介護支援事業

・ 株式会社ミュートネット
   ホームページ制作やソフトウェア開発、パソコンサポートなどのサービスを提供

・ 株式会社天狗堂宝船
   北海道函館で和菓子・だんごを製造販売(お取り寄せ)

・ ALIVE株式会社
   北海道函館市と七飯町で森永乳業の乳製品・健康補助食品・特定保健用食品などの定期宅配サービス

・ 株式会社だるま食品本舗
   納豆・もやし・こんにゃくなど自社工場による製造・卸し・販売

・ Kitchenさわで夢屋
   大沼国定公園名物ジャンボやきそば&生ラムジンギスカンの店

・ 株式会社乾水産
   鮮魚・塩干し物の店頭販売、配達

・ 函館インフォメーション・ネットワーク株式会社
   インターネット関連サービス、ソトウェアの受託開発保守、ITコンサルテーション・システム構築支援サービス

・ 株式会社アットウェア
   Web・スマートフォンアプリ開発、ITサービス、ITコンサルティング

・ 株式会社アルティスタ
   ソフトウェア開発、Webアプリ・スマートフォンアプリ開発、ITに関するコンサルティング

賞品

   最優秀賞	商品券3万円分
   優秀賞	商品券2万円分
   特別勝1	商品券5千円分
   特別賞2	商品券5千円分
   その他、豪華賞品多数

賞品に関しましては、随時追加されますので定期的に確認して下さい。

レギュレーション


[事前準備]
・検証環境へ解答プログラムを配置するためにSSH接続が必要になります。
 当日持ち込まれるPCにSSHクライアント、またはSCPクライアントをご用意ください。

[チームについて]
・1チーム最大3名までとします。
・PCの持ち込みは最大1人1台としてください。
 1チーム、必ず1台はご用意ください。
・複数チーム間での協力行為は不正行為と見なします。

[問題について]
・問題は全部で10問あります。
・1問目から解答する必要はありません。チームで相談して決めてください。
・問題の難易度により、配点が異なります。(難易度は問題用紙にある「イカ」の数が多いほど難しくなっています)

[検証環境について]
・検証環境は各チーム毎に用意されます。
・検証環境はAWSに用意されたCentOSのサーバーです。
・ログインに必要な情報は当日お渡しします。
・解答プログラムは検証環境で動作可能な状態である必要があります。
・解答プログラムの実行に必要なものは、各チームで検証環境上に用意して頂きます。
 (Runtimeのインストール等)

[解答方法]
・問題が解けたチームは実行委員に「○問目出来ました」とメールにて報告して貰います。
 この時、検証環境に解答プログラムを配置した状態で報告してください。
 ※ 当日使用可能なメールアドレスをご準備ください。
・検証環境に解答プログラムが配置してあっても、報告が無かったものは採点されませんのでご注意ください。
・解答プログラムは実行委員が確認できる状態で配置してください。
 いくつか手順が必要な場合は、手順書の提出を求める場合があります。
・ソースコードの提出も必須です。
・配置先は
 チーム毎に用意された検証環境の
/home/pgcontest/q01/ans
/home/pgcontest/q02/ans
 といった問題ごとのディレクトリに配置して頂きます。
・実行委員はメールを受信した時間を『解答時間』として記録します。
・報告を受けて、実行委員が採点作業に入ります。
・採点結果はチームに伝えられます。
 不正解だった場合、『解答時間』は破棄されます。
・不正解だった問題には再度挑戦が可能です。
・解答の締め切りは、" 15時 " とします。
 14時以降に報告された解答の採点結果は伝えられない可能性があります。

[ネット環境について]
・インターネットの使用は原則自由とします。
・ただし、外部の人間との相談は不正行為と見なします。

[順位について]
・順位は得点順とします。
・同点の場合は、難易度の高い問題を多く解いたチームが上位とします。
・難易度でも差が付かなかった場合は、最後の『解答時間』が早い順とします。

[不正行為について]
・カンニング、他チームへの妨害行為や協力行為は不正行為として処罰されます。
・失格にはなりませんが、PCや問題用紙を一時没収したうえで、実行委員が定めた時間2F会議室に隔離されます。
・行為の内容によっては、それまで解答したものは無効とされます。
 無効となった問題に関しては、再解答の権利はありません。



※ 上記レギュレーションは状況により若干の変更が行われる場合があります。