メインメニュー

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失


IKAブログ

2011-09-10
第21回IKAセミナー「Androidカメラアプリケーションの基本とハマるポイント」レポート


開催日:2011年 09月 10日(土曜日)
開場:函館地域交流まちづくりセンター
時間:14:00〜17:30

前日夜の雨も上がって一安心しつつ会場へ。
13:30に到着すると、すでに会場のセッティングはほとんど完了していました。

予定通りの14:00にセミナースタートです。
まずは講師の大槻氏の自己紹介(とアプリの紹介)、そして今回講演するまでの経
緯などから始まりました。
大槻氏によるカメラアプリの分類とそれについての説明の後、Step1へ。

Step1「Androidカメラアプリの現状と問題点」
カメラアプリはいわば「鬼門」とされているようです。Googleでも全ての端末で動くカメラアプリを作ることはできないのだとか。
それの原因に関する考察と対処するテクニックがこのStepのメインでした。
また、古いバージョンのOSにどこまで対応するか、というお話と、大槻氏が持参された端末の紹介がありました。

Step2「カメラアプリの作り方の基本」
参考になる資料を紹介し、基本的なカメラの動作を説明して、「ではサンプルアプリを」と実行したところで、アプリにトラブル発生。
しかし動作の実演はできたのでスライドに戻って続行です。
カメラを使うための記述説明を挟んで、カメラの動作に沿って進んでいきます。

ここでブレイクを挟み、Step3「画像センサ系アプリ向けのカメラの使い方」へ。
カメラをセンサとして使い、画像処理を行うようなアプリのための内容です。
大槻氏がAndroid Application Award 2010-11 Winterイノベーション賞を受賞された「カレイドカメラ3D」もこれに当てはまるだけあり、リファレンスなどだけでは分からない、実際の使用にあたっての問題点などが説明されていきます。

Step4「写真撮影系アプリ向けのカメラの使い方」
最後のStepは、ある意味素直にカメラを使うアプリのための内容です。
撮影の時にカメラが使う機能と、それの利用に関する説明がなされました。

全Step終了後質疑応答の時間が取られ、質問が6つほど飛びました。

今回のセミナーは「カメラアプリケーションの」と銘打たれたものでしたが、それ以外のアプリ開発にも活かせる点があると感じました。
参加者の方の端末からサンプルアプリ動作時の音が鳴ったり、実演のときになにか起こったりするなど「賑やかな」セミナーであると同時に有意義なセミナーでありました。
Posted by admin at 17:49:22 on 2011/09/28
[閲覧(2243)][コメント(0)]


nmBlog v1.6 distributed by SAMN Project
パートナーサイト
Powered by Xoops2.05  Theme Design by OCEAN-NET
copyright (c) 2003 All rights reserved.